コーヒーメーカーのようなアプリメーカー

データ入れたら3分でアプリ♪

全自動コーヒーメーカーのようなアプリ作成体験 #どすごいマップ

 

どすごいマップとは

飲食店やAEDなどの位置情報を瞬時にスマホで使えるマップアプリにできる豊橋産まれの即席アプリメーカーです。スプレッドシートやkintoneにデータをまとめたら、あとは「どすごいマップ」でアプリにするだけ。プログラム開発は必要ありません。数分でアプリにして一般に公開することができます。(現在は緯度経度を持ったデータが必要です)

何に適していますか?

とにかく早い情報公開を求める方や、予算の関係で本格的なアプリ開発に手がだせない方に最適です。スマートフォンの普及やオープンデータの拡充などを背景に、位置情報の一般公開を気軽に行えるアプリの需要に応えます。一方で機密情報の取り扱いには向きませんのでご注意ください。

どすごいマップを選ぶ理由

​誰でも簡単にアプリを作って公開できます。慣れればカップラーメンより早いアプリ作成も可能です。シンプルさを追求した操作性で使い方で迷うことはありません。アプリ連携技術の採用で電話をかけたり、その場所にナビさせたり、ホームページを閲覧したりもスムーズに行えます。(ナビにはGoogleマップが必要です)

 

コーヒーに例えると…

 
mockup-s000.png
 

アプリができる事

【基本機能】

  • ホーム画面への登録

  • マップでの情報表示

  • ​リストでの情報表示

  • 選択情報の詳細表示

  • アプリとの連携
    位置▶︎マップアプリ、
    電話番号▶︎電話アプリ、
    URL▶︎ブラウザ


【その他】

集約表示/現在地表示/背景地図変更/ソート/レスポンシブデザインなど

※画面は開発中のものです

 

アプリ作成でできる事

【基本機能】

  • 新規作成/編集/削除

  • アプリ情報設定

  • マーカー設定

  • プレビュー設定(簡易表示)

  • 詳細表示&アプリ連携設定

  • 作成アプリの公開(共有)

  • 初期表示設定(マーカー全体表示、現在地+縮尺、任意の位置+縮尺)


【その他】

集約表示/有効時間表示/マーカースタイル変更/背景地図変更(地理院地図・OSM)/ソート(リスト)/情報更新 など

※画面は開発中のものです

 
携帯

アプリができるまで

3ステップでできるアプリ開発

 

1.データの選択

スプレッドシートまたはkintoneの一覧からアプリにしたいデータを選択します。

2.アプリの編集

アプリの名前やアイコン、情報の見せ方や動作を設定します。例えば飲食店の電話番号を詳細表示の対象に選び、電話アプリと連携させるといった動作が指定できます。アプリの編集画面にプレビューが表示されるので選択が適切かをチェックしながら設定できます。

3.アプリ公開

作成したアプリをURLまたはQRコードで一般に公開します。なお元データを更新された場合、アプリ編集にて「再読み込み」ボタンを押すだけでアプリにも最新情報が反映されます。

ラインナップ

「スプレッドシート版」と「kintone版」の2種類をご用意しました。

スプレッドシート版
for Spreadsheet

「Googleスプレッドシート」のデータをアプリにして公開できる「どすごいマップ」です。こちらで作成したアプリは参照専用のアプリになります。ご利用にはGoogleアカウントが必要です。

キントーン版
for kintone

「サイボウズ kintone」のデータをアプリにして公開できる「どすごいマップ」です。こちらで作成したアプリは新規登録や編集に対応したアプリも作成できます。ご利用には kintone のアカウントが必要です。

 

サンプルアプリ

どすごいマップで作成したアプリ例

豊橋飲食店マップ

オープンデータ「食べてみりん」掲載の飲食店情報をアプリにしました。(2020年9月時点)

最初は自転車圏くらいの飲食店を一覧に表示します。より広域を見たい場合は、マップに切り替えて範囲を広げてみてね。

食べてみりんプロジェクトは、豊橋市内のテイクアウト・デリバリーを中心とした飲食店の情報を統合化し、まちのオープンデータとして発信することを目的とするプロジェクトです。

sampleapps_tabetemirin01.jpg

とよはしAEDマップ

オープンデータ「とよはし市民救命の駅」に登録されている施設情報をアプリにしました。(2020年6月時点)

最初は徒歩圏の情報を表示します。


とよはし市民救命の駅は、豊橋市が整備を進められているAEDや応急手当用品、救命講習修了者が常駐している施設情報です。不慮の事故や急病により生命が危険な状態になった場合には、その場に居合わせた人が救急車が到着するまでの間に、近くの施設に設置してあるAEDを活用するなどして応急手当を行うことが重要となります。

そこで、AEDや応急手当用品、救命講習修了者が常駐している施設を「とよはし市民救命の駅」とし、市民の皆様にわかりやすいようステッカーを掲示しています。万が一の時には近くの「とよはし市民救命の駅」を活用していただくことで、救命率の向上を図ります。

sampleapps_aed01.jpg
 

無料モニター募集

あなたのデータを数分でアプリにできるウェブサービス「どすごいマップβ」を開発いたしました。初版完成にともないコンセプトを評価するため無料モニターを募集いたします。

ご希望の方は募集要領をご確認のうえ、下記リンクよりご応募ください。


【募集要領】

募集期間:2021年4月1日10:00 〜 4月23日17:00

実施期間:開始から1ヶ月

募集人数:30名

応募資格:

・スプレッドシートまたはkintone にて公開できるデータをお持ちであること

 

早期テスト利用者の声

オープンデータの流行に乗ってデータは整備したものの、アプリにするには予算が足りませんでした。このサービスのおかげでアプリとして提供でき、有効性の検証まで試すことができるので非常に助かりました。

消防署職員

すぐにアプリにできるということは、変更もすぐに行えるということなので、アプリ開発への不安がほとんど無くなったと感じています

市民団体メンバー

作成できるアプリはWEBアプリというものでスマホ専用のアプリではありませんでした。しかしスマホへのインストールを敬遠される人も多いですから、この提供形態の方が好まれると思います。

一般利用者

ブラウザでの利用はメニューの分だけ画面が狭く感じていましたが、ホーム画面にブックマークを置けば、専用アプリのような感覚で使えるようになりました。(PWA形式での配信による効果)

一般利用者

 

開発の背景

​オーダーメイド開発では応えにくいアプリ需要

「テイクアウトに対応した飲食店の情報を一覧にまとめたので、アプリにしたいのですが...」

「私たちがAEDの利用促進のためAED情報をオープンデータにしたら、アプリは幾らでできますか?」

これまで飲食店やAEDなどの情報をアプリに仕立てて一般に向けて公開するには、情報を用意するだけでは足りませんでした。アプリの要件を整理し、プログラムの開発、公開するためのサーバー環境などの整備、そして公開アプリの維持や情報の更新など、専門的な技術や多くの作業がアプリ開発では必要となります。


単純なアプリでも実際に作るとなると1,2ヶ月の期間が必要となります。経費にすると安く見積もっても100万円以上はかかってしまいます。これが提供者の大きな負担となっていました。

またスマホアプリはさまざまな理由により無料や安価なものが数多く提供されています。こうした状況への慣れからか利用する側も無料で当然というような誤った認識を持たれていることも足枷となっています。

このように意義のある取り組みであっても実現されずに終わってしまうケースを数多く目にしてきました。

 

​解決方法

​どすごいマップとサポーター制度で問題解決

私たちは「地理情報システム(GIS)」を得意とする技術者集団で、ビジネスニーズに対応するGIS技術の提供をミッションに日々取り組んでおります。位置情報の業務利用を仕事にしているわけですから、飲食店やAEDなどの情報をマップアプリにして提供することも当然できます。しかし先の問題からその需要に応えられないジレンマを抱えていました。

そこでこれまでにご相談いただいた課題を改めて整理・検討し「基本的なニーズ」に応えられるアプリメーカーを開発しました。三河弁で有名な豊橋市産まれのアプリメーカーなので、その名は「どすごいマップ」としました。

どすごいマップは、スプレッドシートやkintoneにまとめた情報を瞬時にアプリにしてしまうアプリ作成機です。作成したアプリの機能はシンプルなところに絞りながらも使い勝手に配慮した表現ができるのが特徴となっています。

このシステムを使えば、利用者は用意した飲食店やAEDなどの情報を、わずかな設定でスマホで使えるWEBアプリにして公開させることができ、その管理もこのサービスの中で行えます。オーダーメイド開発に頼る必要はありません。また情報の見せ方についても何でもかんでも「マップ」ではなく「リスト(一覧)」や「タイル」にすることで、利用シーンに少し配慮した工夫ができる機能も備えています。

しかし「どすごいマップ」の提供だけでは開発費や運用費の負担を私たちが負っているだけで根本的な問題解決になっていません。シンプルであるとはいえ汎用性を持たせたシステムの開発は簡単ではありません。現状でも500万円を超えるほどの開発費を負担しています。

この課題は未だ解決しておりませんが「どすごいサポーター」での対応を検討しています。どすごいサポーターとは、私たちの取り組みに共感し、広告宣伝に協力していただける協力者のことです。「どすごいマップ」に関わる人が宣伝役になっていただく代わりに私たちは「どすごいマップ」を運営し続けるといったアイデアです。

 

よくある質問

利用してみたいのですが...

現在鋭意開発中です。今しばらくお待ちください。なお初版を「評価版」としてモニターに応募された方に限定して提供させていただく予定です。一般公開に向けては評価版を通してサービスの価値を確かめフィードバックに対応したのちに行う予定となっています。

アプリを作るには何が必要ですか?

位置情報を持ったデータをご用意ください。どすごいマップではスプレッドシートやkintoneで普段データを扱われている方を想定しております。位置情報には「緯度・経度」が必要です。オープンデータには位置情報を持つものも多数ありますので参考にしてください。

アプリはいくつまで作れますか?

20程度がお勧めです。最大30まで作成できますが、実際の運用を考えますと20程度が最適と考えております。

業務利用はできますか?

機密情報を扱うものでなければ可能です。オープンデータ向けのシステムです。第三者のアクセスを防止する機能はありません。本システムをお使いになったことによるデータの流出やそれに伴う損害について当社は一切責任をもちません。希望される場合は当面はOEMで提供させていただく方針です。

後から項目(列)の追加はできますか?

spreadsheet版は原則対応していません。アプリはすぐできますので、作り直してください。
kintone版では「再読み込み」により項目の追加に対応しております。削除や変更には対応しておりません。ご了承ください。

永久に公開できますか?

お約束できません。

 
 

© 2021 MapQuest Corporation.